カウンセリング

ボツリヌス療法の特徴

鏡を見る人

肌や顔やボディの悩みに

美容外科は肌や顔やボディの悩みを最新の医療行為でなくしてくれる病院です。そして肌・顔・ボディの幅広い悩みを改善できる最新プチ整形が「ボツリヌス療法」です。ボツリヌス療法は、神経伝達物質アセチルコリンを抑制する効果がある筋弛緩剤の一種ボツリヌス菌を注入する施術です。皮下に注入をするだけで肌を若返らせたり容姿をきれいにしたりできるので、手術に抵抗がある人でもチャレンジすることができます。筋弛緩作用があるボツリヌス菌を有効成分としたボトックスを注入によることによって得られる効果は多岐にわたります。ボツリヌス菌には発汗を促すアセチルコリンを抑制する効果があるので、ワキ汗や手のひらや足の裏の汗を抑える事が出来ます。多汗症治療の分野では、ボトックスの注入は切らないで症状を改善できる治療として定番です。シワを出来ない顔にする、アンチエイジング効果もあります。ボツリヌス療法は、表情筋が作り出すあらゆる「表情ジワ」の予防に効果的です。また、顔を小さくする小顔化の美容整形も、ボツリヌス療法によって低リスクで実現します。本格的な切る手術をしなくても輪郭がシャープに引き締まり、モデル並みの小顔になります。さらにモデルのようにすらりとした美脚になりたい場合も、ボツリヌス療法が有効です。ボツリヌス菌にはふくらはぎの発達した筋肉を収縮する効果があり、脂肪吸引などの手術をしなくても手軽に美脚になります。ボツリヌス療法はボツリヌス菌を注射器で投与するだけなので、日帰りでできます。注入をする際に痛みがないように麻酔をしてくれるクリニックもありますが、基本的に麻酔なしでも耐えられる痛さです。また、痛みが強いボトックスを使用する場合は、十分に冷却して感覚をなくしてから注射をしてくれます。注入をしたあとはマッサージなど刺激を与えるような行為は極力控え、横にならないようにして過ごすことが大切です。刺激を与えるとボトックスの成分が拡散されて、効果が低下することがあります。効果の持続力は個人や成分の種類によって違いますが、長くて半年程度です。効果がなくなっても、再び注入すれば復活します。なお、稀にボトックスの抗体ができる人がいて、そうなると再度注入しても効果が出にくい体質になります。料金は保険が下りる場合と自費診療の場合の二つのケースがあります。ワキ汗などの多汗症を治す治療は、一部クリニックで保険が下ります。アンチエイジングや小顔整形や美脚化など、それ以外の治療は基本的に自費診療です。